サイトマップ | ATOM | RSS2.0 | ROR

プライスボードの読み方:自動車査定無料で愛車を無料査定しませんか?

プライスボードの読み方:愛車無料査定の基本情報はもちろん、中古車の相場や事故車の売却など、 無料 自動車査定を紹介します。
疑問や不安などもここで解消して愛車無料査定をしてもらい高額買取を目指しましょう。
また、左サイドバナーから簡単に新車見積もりも出来ます。

トップページ > プライスボードの読み方 >> プライスボードの読み方

プライスボードの読み方

愛車無料査定

プライスボードの読み方


プライスボードの表示は、自動車公正取引協議会の規約で
決められています。
フォーマットや表現は販売店によって若干、違いがあるので、
基本的な読み方を抑えておきましょう。


1. 現金販売価格

販売店で車両を引き渡す場合の現金販売価格(消費税込み)


2. 初度登録(検査)年月

その中古車が日本で最初に登録された年月

国産車の場合は年式と同じと考えて差し支えないものの、
輸入車、なかでも並行輸入車の場合は年式と初度登録年月が
異なる場合が多いので、製造年や年式も表示されています。

軽自動車は初度検査年を表示しています。

3. 車検証の有効期限

車検残の有無と、残がある場合の有効期限
車検残の表示があれば購入時に負担する付帯費用額が少なくなります。
「検付き」と表示される場合でも、車検に必要な税金などは別途、必要です。


4. 走行距離数

走行距離計の示すキロ数
中古車の品質を判断する要素のひとつとなっています。

* キロ数に疑義がある場合は、「?」の記号と推定できる
根拠がある場合は推定キロ数、推定できる根拠がない場合は「不明」と表示
* 走行距離計が改ざんされている場合、「改ざんされている旨」を表示
* 走行距離計を自社で取替えた場合、取替え前・後のキロ数を表示


5. 前使用者の点検整備記録簿

展示時点から過去2年以内に定期点検整備が行われ、
その記録簿が備わっている場合に「有」と表示、その他の場合は「無」と表示

* 「有」の場合、記録簿には各記入時点の走行距離や
整備内容が記され、その中古車の履歴がわかるようになっています。

6. 修復歴の有無

車体の骨格に当たる部位の修正及び交換歴がある場合に「有」、
その他の場合は「無」と表示

* 「有」の場合は別途書面で修復箇所が表示されます。

※表示がない場合は、必ず修復歴の有無を確認しましょう。
※修復歴の定義については、こちら(リンク)


7. 使用歴

自家用、営業用、レンタカー、その他の使用歴を表示

8. 保証の有無

保証の有・無を表示

* 「保証つき」の場合、「保証内容」、「保証期間又は保証走行距離数」を付記しています。


9. 定期点検整備実施状況

定期点検整備実施の有・無を表示

A.定期点検整備を実施して販売する場合、「定期点検整備あり」と表示

* 販売(展示)時までに実施する場合、「済」と表示(販売価格に整備費用を含めること)
* 販売時以降、車両引渡し時までの間に実施する場合、「納車時」と表示

B.定期点検整備を実施しない場合、「定期点検整備なし」と表示

* 要整備箇所がある場合、その旨を表示

10. 定期点検整備あり((納車時)と表示した場合の整備費用に関する表示

定期点検整備あり(納車時)の場合で、販売価格に整備費用を含めて
表示する場合は「含まれている旨」、
含めないで表示する場合は「含まれていない旨と整備費用の額」を表示。

11. その他の表示

保険料、税金、登録等に伴う費用等は含まれていない旨を表示


車買取

関連カテゴリー: プライスボードの読み方TB(0)

プライスボードの読み方トラックバック

プライスボードの読み方のトラックバックURL:
http://pinkcart-k.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/165

プライスボードの読み方関連エントリー

プライスボードの読み方 /